富士通クラウドダイレクトブログ

初心者エンジニア向けTechBlog

富士通クラウドダイレクトブログ

初心者エンジニア向けTechBlog

コードを書かずにシステム開発 【第一回】Magic の紹介・富士通との関係

ご挨拶

はじめまして。
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 マーケティング部の
渡辺 剛(わたなべ つよし)と申します。

当社はMagic xpa(マジック エックスピーエー)という、ローコード開発ツールを開発しているグローバルソフトウェア会社、マジックソフトウェア・エンタープライゼスの日本法人です。
Magic xpaは40年近い歴史があり、ローコード開発ツールの中では老舗です。

Magic xpaが他のローコード開発ツールとどこが違っていて、なぜこんなに長く使われているのか?は別の機会で書かせていただきます。

FJcloud-Oでサービス開発

私と富士通さん(以下敬称略)とのお付き合いは6年前の2018年に遡ります。
その当時私は、Magic xpaで開発したシステムをクラウド上で運用できるサービス基盤を、弊社のサービスとして提供できないか?と考え始めていました。

そこで、様々なクラウドベンダーに話を聞きましたが、「当社のパートナー支援プログラムを活用して」と言われるだけ。
どうすればクラウドサービス事業を立ち上げられるのか誰も教えてくれないし、途方に暮れていました。

そんな中、FUJITSU TECK TALKに参加して知り合った富士通の皆さんに相談すると、「そのサービス、一緒に作りましょう!」という、他のクラウドベンダーとは全く違う反応! (おいおい?本気ですか??)

その後は、サービス設計や価格設定、商流など、富士通と一緒にあーでもないこーでもないと議論しつつ、一方では運用・保守サービスのパートナー会社とも引き合わせてもらい、何とか形になりました。
(本気だった!)

その結果始まったのがMagic xpa powered by FJcloud
(まじっくえっくすぴーえーぱわーどばいえふじぇーくらうど)
という長~い名前のサービス。

オンプレミスで運用していたMagic xpaで開発した業務システムを、FJcloud-Oに移行して利用するお客様が大きく増えました。

業務パッケージソフトをクラウド利用

Magic xpaは多くの開発パートナー様が様々な業種・業務のパッケージソフト開発にも使われてます。
「Magic xpa powered by FJcloud」では、パッケージソフトの利用環境としても使われています。富士通が提供する国産クラウドという点が、ユーザに安心感を与えていると考えます。

こちら↓では、パッケージソフトベンダーの株式会社アスコット様の事例を公開しています。

www.magicsoftware.com

中小企業にはサーバ運用ができる担当者がいないことが多いため、
運用をクラウドベンダーに丸投げでお任せできるクラウドが高い評価を得ています。


今後、このブログではFJcloudとローコード開発ツールの良い関係について様々な事例やユースケースを書かせていただきますので、よろしくお願いします。

クラウド移行のその前に!知っておきたい「責任分界点」と「可用性」の関係

こんにちは、富士通クラウドダイレクトのMです。

最近、地震や台風などの自然災害が各地で猛威を振るっていますね。備えあれば患いなし、ということで、私は先日自宅の防災リュックの点検をしました。このように日頃から有事に備えておくことは大切ですが、それはシステムも同じです。

災害レベルでなくても、単純なハードウェア障害や従業員のうっかりミスからのセキュリティインシデントなど、障害の要因は日頃から身近に潜んでいます。

システムの停止は顧客満足度の低下や機会損失など、経営に大きな影響が出るリスクがあるため、適切な対策をしておくことが大切です。この対策のポイントとなるのが、有事の際もシステムを止めないよう、「可用性」を考慮したシステムを構築することです。

ただ、注意したいのが、オンプレミスとクラウドでは可用性の考え方が少々異なるということです。そのため、クラウド移行を少しでも検討している場合は、その違いについて事前に把握しておくのがおすすめです。

ということで今回は、オンプレミスとクラウドにおける可用性の考え方の違いについて、ポイントとなる「責任分界点」にも触れつつ解説します。

続きを読む

【レポート】インフラエンジニアのためのChatGPT入門

こんにちは。 ニフクラエンジニアミートアップ事務局の鮫島です。

2024年1月17日(水)に第68回ニフクラエンジニアミートアップを開催しました。

fujitsufjct.connpass.com

昨年大ブレイクを果たした?「ChatGPT」以降、テック界隈のみならず生成系AIは注目を集める技術になりましたが、実際にビジネスで活用している人はまだまだ少数派だと思います。

今回はテクニカルライター&フルエンジニアとして幅広く活躍中の大澤文孝氏を講師にお招きして、インフラエンジニア向けのAI活用法についてお話いただきました。

ChatGPTってなに?

ChatGPTを知っているけど使っていないという人向けの解説から。
OpenAI社が提供している対話型のAIであり、入力欄に「プロンプト」と呼ばれる「質問・指示」を入れることで、回答が返ってくるというもの。

ChatGPTに限らず、生成AI全般に言えることですが、こういう特徴があります。

 ・回答が正しいとは限らない
 ・同じ質問・指示をしても同じ回答が得られない

そ、それらしい回答をランダムに返しているだけですか

続きを読む

【レポート】冴えてるインフラエンジニアの育て方 2023年版

こんにちは。 ニフクラエンジニアミートアップ事務局の鮫島です。

2023年12月19日(水)に第67回ニフクラエンジニアミートアップを開催しました。 今回のテーマは「冴えてる!インフラエンジニアの育て方 2023年版」です。

fujitsufjct.connpass.com

登壇者の佐野裕さんですが、「インフラエンジニアの教科書」という、インフラエンジニアのバイブル的な書籍の著書です。同著の大幅改版記念ということで今回で三回目の登壇になります。

冴えてるインフラエンジニアの育て方

さっそく、佐野さんのセッションですが、冒頭でちょっとしたつぶやき風の問題提起?がありました。

クラウドエンジニアもインフラエンジニアなのか?

続きを読む

VMware vExpertに聞く!自己研鑽のスタートラインは社外活動がお勧め

こんにちは。
本を読むのが好きで週末は図書館と本屋に足を運ぶのですが、実際は読む時間が捻出できず、買った本も積まれていくいっぽう。どうしたもんか・・と悩んでいる富士通クラウドダイレクトの中の人 しましま です。

本は好きですが、仕事で必要に駆られて読むものはクラウド関連のドキュメントが中心です。
FJcloud-Vのドキュメントを読むと「VMware製品を基盤としたクラウド」「VMware製品で仮想化されたサーバーを簡単に移行」なんていう言い回しが出てくるのですが、どういうことかというと、FJcloud-VはVMware vSphere®を仮想化基盤としたクラウドサービスなんです。

そこで、FJcloud-Vの中の人(おもにインフラエンジニア)が具体的にVMware製品とどんな風に関わっているのか興味が湧いてきたので、またしてもインタビューを敢行してきました!

インタビューを快く受けてくださったのは、VMware vExpert™2023を受賞された蓮沼さん。

蓮沼氏プロフィール

所属:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 ネットワークサービス部
業務:ネットワークサービスチームのリーダー/VMwareのネットワーク製品を使った仮想サービスの企画・開発・運用
コメント:長年FJcloud-Vのサービスを実装する業務に携わり、サポートも含めて担当。VMware製品の知識はもちろん、幅広いOSSのスキルも求められる業務であるためプライベートの時間を活用し、VMUGコミュニティに参加しながら自身のスキル研鑽に努めている。  

蓮沼さんにVMware製品にどのように関わっているのか、VMUGでの活動、vExpertを受賞するに至った経緯など聞いてきましたよ。

続きを読む